私は、1都3県に30ヵ所以上の介護施設を経営する会社の代表を務めています。
その介護施設では、1000人以上の社員が働いており、その約6割は女性です。そして独身者を除けば、多くの社員は共働き家庭です。
女性社員たちの中には、出産や育児、小学校入学を理由に退職や正職員からパート職員に雇用変更し、せっかく積み重ねてきたキャリアをあきらめる方々も多くいます。

私は社員たちと一緒に、どうすれば多くの女性社員が「自分のやりたい仕事」、「キャリア」をあきらめることなく続けることができるか考えました。

近年、国、県、市町村一体となり小学校入学時の「小1の壁」を解消しようと、公的な学童保育数、入所児童数は増加しつつありますが、都市部を中心に待機児童は潜在的待機児童も含めると相当な児童が学童保育を利用できていないと思われます。
入園できたとしても、多くの学童保育では、方針や理念が曖昧であり、子どもたちの放課後の多くの貴重な時間が、目的もなく過ぎているように感じます。

そこで誕生したのが「キッズパワー株式会社」です。
私は、貴重な放課後や土曜日、休日の時間にこそ、多くの学びや行挑戦(行動)の機会をつくり、感受性豊かな子ども達の潜在能力を伸ばしてあげることができるのではないかと考えました。

子どもたちは、多くの「可能性」を秘めています。
その「可能性」を最大限に伸ばし上げるのも私たち大人の役割です。
キッズパワーは、お子さんたちに「食育プログラム」を中心に、英会話プログラム、漢字検定プログラムといった様々な教育プログラムを用意しています。
その教育プログラムを通じて「人間力」「知力」「体力」を育成することをお約束いたします。

近い将来、キッズパワーで学んだ子どもたちが成長し、「夢を実現できた!!」とたくさんの声を聞くことが一番の夢です。

2017年 代表取締役 堀越太志

お問合せ048-681-1122受付時間 10:00-19:00 [ 日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら