キッズパワーの食育

 

キッズパワーでは、子どもの成長に食育が重要であると考えています。食べ物に関する正しい知識や、実習などを通じた様々な体験が、子ともの「体力」「知力」「人間力」を伸ばしていきます。キッズバワーでは、日々のカリキュラムの中に、食育学習を取り入れることで、子ともたち一人一人の将来が、より拓けたものになると信じています。キッズバワーでご提供するおやつやランチ、食育カリキュラムは、管理栄養士の石田美枝氏と、日本料亭のと亭の能戸秀弘氏が監修しています。

◇おやつ

朝・昼・タ食で摂りきれない栄養を補う役割として、おやつの献立を考えています。甘い・しよつばい「お菓子」だけでなく、お子様の成長に必要なたんばく質やミネラル・ビタミン、食物繊維を工夫して取り入れています。

◇「食」に関する知識を身につける

季節の旬、日本・外国の食べもの、郷土料理、食事に関するマナーなどなど・・・小学生のお子様にとっては少し早いかな?と思われる知識も、みんなでたのしく学びます。安全を考慮し、実習も多く取り入れています。「食」が、お子様の興味・関心を広げるきっかけになればと考えています。学習の成果として、年度末には「こともレストラン」を開催。ご家族を招き、お子様の1年間の成長を発表します。

◇キッズパワーランチ(オプションサービス)

給食のない日・振替休日や長期休みの昼食に、関連施設で調理した昼食をご提供しています。食品添加物を極力使わない、つくりたてのおいしいごはんです。お米は「ゆめびりか」、お出汁は追いがつお、素材の味を生かした美味しさ。

食育カリキュラム 監修者・紹介

石田美枝氏

管理栄養士。与野市教育委員会を経て、さいたま市で13年間学校給食の栄養士として子供と食の重要性、食環境の変化などの課題に取り組む。現在はoffice Nanalaの代表として「食育」をキーワードに栄養学、調理学、医療、経済、子育て、コミニュティー形成に多様な活動を進めている。専門学校で講師を務める他、特定保健指導、企業、自治体で講演活動を通じて「選食力の育成」と「大切な人を守るための栄養学」を提案。

日本料理 のと亭 能戸秀弘氏

大阪「今橋つる家」「北乃大和屋」「京大和」で10年修業 東京、埼玉で料理長として勤務後、日本料理のと亭開業
社)全国日本調理技能士会 師範
埼玉県日本調理技能士会 事務局長
埼玉ベルエポック製菓調理専門学校日本料理講師
埼玉県職業訓練指導員
専門調理食育推進員
生間流庖丁儀式 門弟
【受賞歴】
埼玉県優秀技能者(彩の国名工)