キッズパワーについて

キッズパワーは3つの力を育みながら、従来の学童保育ではできなかった様々な体験を通して、バランスよく成長を促し、「育む学童」を目指しています。

少子化・核家族化・共働き化の増加に伴い、学童保育の必要とする世帯は従来より増えて参りました。放課後の子ども達の居場所や過ごし方について不安を抱えているご家庭は多いのではないでしょうか?

キッズパワーでは放課後に子どもたちが、安全安心に過ごせる居場所を提供します。

一緒に学び一緒に体験することで、お子様の成長を感じられるそんな時間が待っています。

 

3つの力(POWER)を育み、力強く生きる

「体力」・・・体を動かすことで成長を促す/健康であること

「知力」・・・様々なことを知り、自分で考え活用できる力/知識、知恵

「人間力」・・・社会で自立した人間になれる力/信頼/誠実

キッズパワーの教育方針

世代交流から生まれる育み

親会社ケアサポート株式会社と連携し、シルバー世代と児童のつながりを大切にしています。
子供のころ、いつの時代も人として大切なことを教えてくれたおじいちゃんやおばあちゃん。しかし今の社会は核家族化が進み、祖父祖母との交流が減少しています。

子供たちは人生の先輩であるシルバー世代から話を聞いたり、様々なことを教えてもらうことで、人としての思考の幅が広がります。

そして、一人や同世代と過ごすことが多くなりがちなシルバー世代にとっても子どもとの交流は大きな生きがい、楽しみになります。

刺激し合い、お互いの人生にとってプラスになるような関係を築けることがキッズパワーの特色です。

食育から生まれる育み

キッズパワーでは子供の成長に食育学習が重要であると考えています。

食べ物に関する正しい知識や様々な体験が、子供の体力・知力・人間力を伸ばしていきます。
管理栄養士監修の食育プログラムでは、食にまつわる様々な座学だけでなく、畑での実習や調理実習、お箸の持ち方やマナーの指導等、年間を通して食による成長を促します。

そして年度末には、1年間の成長を発表する場「子供レストラン」を開催します。

オリジナルプログラムによる育み

子ども達には毎日、オリジナルプログラム「KPタイム」に取り組みます。

あそびを中心として、コミュニケーションや思いやりを育む「KPタイム①」

食育学習を通じて幅広い知識を身に付ける「KPタイム②」の2つのカリキュラムを毎日実践することで3つの力(人間力・体力・知力)を養います。

キッズパワーのご紹介

お問合せ048-681-1122受付時間 10:00-19:00 [ 日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら